ページ追加履歴

鉄棒の安全対策事例 – バイオクッションで落下事故を予防する

ここでは、遊具「鉄棒(てつぼう)」の、バイオクッションによる落下事故対策事例を紹介します。

鉄棒は「できる」子供だけでなく、うまく回れない子供が練習することが多い遊具です。

手が滑って背中から落ちる、回りきれずに頭から落ちる、力尽きて手を放す・・など、鉄棒はその構造上、危険な落ち方をすることが多々あります。気を付けるように指導してもそれで落ちなくなることは期待できません。

事例:小学校の低鉄棒で骨折事故 (小学校の校長先生より)
子どもが前回りをした時に手を放してしまい、手を骨折した。低鉄棒だったので高さもさほどなく、運動神経も悪くない子だったのでまさかという気持ちだった。慣れていても低くても事故は起こると痛感した。

鉄棒がある施設では落ちることを前提とした対策をしておく必要があります。

  • 鉄棒のまわりに排水溝やフタがある
  • 雲梯の近くに砂場や花壇のコンクリートブロック枠がある
  • 雲梯の近くにマンホールがある
  • 設置場所のグラウンドが固い

こういったことは、怪我を大きくする原因になります。

子供たちは出来ない技をできるようになりたくて、一生懸命鉄棒に取り組みます。手を貸したり支えたりすることが必要な時もありますが、落ちても大ケガしないよう対策をしつつ、子供の自主性を最大限に尊重して見守りましょう。

 

衝撃吸収材であるバイオクッションで危険性を減らしておくと

  • 親や保護者の安心
  • 心配なく遊ばせられる施設側の安心

につながります。

 

バイオクッションによる鉄棒の安全対策

未対策の鉄棒 例

なにもしていない、通常の鉄棒の例です。背中や頭から地面に落ちると固そうなグラウンドに激突することになります。

校舎のすぐそばに鉄棒。排水溝とコンクリートのフタがすぐ近くにあります。

土のグラウンドではない場所にも、鉄棒はあります。写真は低鉄棒と高鉄棒が併設されているタイプ。

グラウンドの隅や屋上スペースに置かれることが多い鉄棒。そこには施設の構造上、排水溝やマンホールがあるものです。しかし固定式鉄棒は動かせないので、安全な場所に持っていくことができません。

そのため、手軽にできるこのページのような安全対策を推奨します。

 

対策済みの鉄棒 例

こちらは鉄棒下にバイオクッションを敷いた例です。支柱を通すように敷いているため、杭や接着剤の固定は不要です。上を歩いてもずれることは無く、台風でも飛びません。

下に排水溝やマンホールがあっても問題ありません。雨水を通しつつ安全対策ができています。

鉄棒は、たいてい何欄(らん)か連なっています。バイオクッションであれば10mまでの長さがありますので下記のようにまとめて敷くことができ、さらにずれにくくなります。

バイオクッションには人工芝やマットには無いメリットがあります。それは下記のように逆上がり補助器を乗せることができる点。小さな子供だと逆上がり補助器が必須。バイオクッションだと両方一度に使えるため、このように使われている学校が数多くあります。

 

こういった場面でバイオクッションを選ばれることが多いのは理由があります

バイオクッションが選ばれる理由

鉄棒の安全対策で重視されるのは、こういった条件です

  • 幅広い面積をカバーできる
  • 上に乗っても歩きづらくならない
  • 地面のえぐれ防止にもなる

鉄棒は何欄も連結されていることが多く、広い範囲にわたって設置されています。最大10mもの長さがあるバイオクッションであれば、1枚で鉄棒の下をすべてカバーすることができます。支柱部分に穴をあけて通すことで、固定していないにもかかわらず動かないようにできます。バイオクッションは体操マットより薄くてしっかりしているので、逆上がり補助器に向かって駆け上がるときの邪魔になりませんし、地面がえぐれて水たまりができてしまうことも予防できます。

 

鉄棒の安全対策をしましょう

遊具は子供の成長に必要なモノです。撤去してしまえばその遊具による怪我はなくなりますが、危険を感知して対処する能力を養う場所が失われてしまいます。

 

ぜひ、バイオクッションで低コストな安全性をしましょう。

こちらで使われているのはこの製品です。

>>バイオクッション10mm厚タイプ

関連記事

ページ上部へ戻る