ページ追加履歴

登り棒の安全対策事例 – バイオクッションで落下事故を予防する

ここでは、遊具「登り棒(のぼりぼう)」の、バイオクッションによる落下事故対策事例を紹介します。

登り棒は鋼材、竹などを地面から垂直に立てた遊具です。持つところがない棒を握力や脚力だけで登っていく、ハードな遊びです。

子どもたちは上まで登っていこうとしますが、筋力と持久力の限界からパッと手を離して落ちていったり、手が滑って背中から落ちたりします。持久力のある子供ほど、高い位置から落ちる回数も増えます。

大人が考え付かないような遊び方をしたりすることもあります。

  • 棒の上で手を離す
  • 手を離して足だけで体を支え、くるくる回る
  • 2本の棒を使って登る

など・・・

登り棒はその構造上、かなりの高さから落ちる可能性があります。気を付けるように指導してもそれで落ちなくなることは期待できません。

そのため、登り棒がある施設では落ちることを前提とした対策をしておく必要があります。

  • 登り棒のまわりに排水溝やフタがある
  • 登り棒の近くに砂場や花壇のコンクリートブロック枠がある
  • 登り棒の近くにマンホールがある
  • 設置場所のグラウンドが固い

こういったことは、怪我を大きくする原因になります。

子供たちは自分の背丈よりはるかに高い場所からの景色を見たくて登り棒に登ることもあります。他の子どもにスゴイと思われたくて、無理目な高さまで登ってしまうこともあります。落ちても大ケガしないよう対策をしつつ、子供の自主性を最大限に尊重して見守りましょう。

 

衝撃吸収材であるバイオクッションで危険性を減らしておくと

  • 親や保護者の安心
  • 心配なく遊ばせられる施設側の安心

につながります。

 

バイオクッションによる登り棒の安全対策

未対策の登り棒 例

シンプルな登り棒です。人工的な床面に設置されているので、かなり硬く落ちると非常に痛そうです。

こちらはグラウンドの登り棒。近くに肋木や雲梯があるので、身軽なこどもは跳び移ったりもしそうです。

登り棒は総合遊具に組み込まれていることもあります。ここから総合遊具の上段に登ったり、逆に上段から登り棒で滑り降りたりもします。登り棒単体の遊具よりも激しい上り下りをすることがあり、注意散漫で事故も起こりやすくなります。

登り棒は校舎やグラウンドの端にあることが多いです。隅っこには排水溝やマンホールがありますし、上の写真のように砂場の枠がある場合も。

 

対策済みの登り棒 例

登り棒が安全になると、安心して遊ばせることができます。頭からおちても真下のコンクリートや石、固い砂地で後頭部を打ち付けることがなくなります。手やひざ、足から着地した場合でも地面からくる衝撃は相当緩和されています。
そのため、脳震盪、捻挫などの懸念も少なくなります。

こちらは登り棒の下にバイオクッションを敷いた例です。すべての棒を通すように敷き、ある程度幅を持たせているので上のほうから飛び降りたとしてもクッションの上に着地するようにしています。

こちらは総合遊具の一部である登り棒。総合遊具より優先度が高いと判断し登り棒の安瀬伊対策を先に行ったケースです。バイオクッションであればこのように柔軟な対応が可能です。

 

こういった場面ででバイオクッションを選ばれることが多いのは理由があります

バイオクッションが選ばれる理由

登り棒の安全対策で重視されるのは主にこれらの条件です

  • 棒を避けつつ周囲をカバーできる
  • 上に落ちてもずれたりめくれたりしづらい
  • ピンポイントで必要な部分にだけ設置できる

登り棒は5~20本程度連結されていることが多い遊具です。バイオクッションなら1mもしくは2m幅のタイプがありますので、十分に広くカバーしたうえで最大10mの長さまで一枚もので敷くことができます。そのためずれることがほとんどなく、台風の時でもほとんど敷きっぱなしにできます。

 

登り棒の安全対策をしましょう

遊具は子供の成長に必要なモノです。撤去してしまえばその遊具による怪我はなくなりますが、危険を感知して対処する能力を養う場所が失われてしまいます。

 

ぜひ、バイオクッションで低コストな安全性をしましょう。

こちらで使われているのはこの製品です。

>>バイオクッション10mm厚タイプ

 

関連記事

ページ上部へ戻る