ページ追加履歴

ブランコの安全対策事例 – バイオクッションで落下事故を予防する

ここでは、遊具「ブランコ」の、バイオクッションによる落下事故対策事例を紹介します。

ブランコは学校や公園、一般家庭にもあるなじみ深い遊具です。漕いでいるうちに勢いがつき、その勢いのままジャンプして着地しようとすることもあります。

また、何も対策をしていないと地面がえぐれてくるのもブランコの特徴。雨水がたまって水たまりが出来たり、えぐれた地面で足を引っかけて転んだり着地に失敗して捻挫したりすることもあります。。

そのため、ブランコがある施設ではあらかじめ対策をしておく必要があります。

  • ブランコのまわりに排水溝やフタがある
  • ブランコの近くに砂場や花壇のコンクリートブロック枠がある
  • ブランコの近くにマンホールがある
  • 設置場所のグラウンドが固い

こういったことは、怪我を大きくする原因になります。ブランコは遠くまでジャンプする子供も一定数います。かなり遠くにあるコンクリートブロックや硬い地面にぶつかることも想定しておきましょう。

ブランコは一人で遊ぶだけでなく、何人かで一緒にすることも多い遊具です。押されて勢いがついてしまううちに手の力では支えきれなくなって転げおちたり、ブランコの支柱を支えている土台で頭を打ったりもします。出来る限り大ケガだけはしないよう対策をしつつ、子供の自主性を最大限に尊重して見守りましょう。

 

衝撃吸収材であるバイオクッションで危険性を減らしておくと

  • 親や保護者の安心
  • 心配なく遊ばせられる施設側の安心

につながります。

 

バイオクッションによるブランコの安全対策

未対策のブランコ 例

ブランコをただ置いただけの状態の例です。見るからに地面は固そうで、落ちた時の衝撃が容易に想像できます。

こちらはかなり人気があるブランコのようで、地面が数十cmもえぐれています。

えぐれた地面に水がたまると、このようになります。左のタイヤ遊具ではほとんど水が溜まっていないのに対し、右のタイヤブランコは一面が水たまりです。

また、ブランコには鉄の土台があるタイプもあります。

ブランコはのり慣れていなかったり他のことに気を取られていると放り出されてしまうこともあります。また、ジャンプして降りようとしての着地失敗、地面の凸凹に足を取られて転んでしまうこともあります。

 

対策済みのブランコ 例

こちらは2m幅のバイオクッションでブランコをカバーしています。写真を下を見ていただくと、支柱部分を丸くくりぬいていることが分かります。こうすることで杭や接着剤を使わずに固定することができます。

こちらはブランコ下のみをカバーしたもの。ブランコ板の周囲を中心に対策しています。バイオクッションなら予算に応じた対応が可能です。

ブランコは、勢いをつけて遊ぶ遊具です。敷いただけのクッションだとずれてしまうことがありますが、バイオクッションは自重があるためほとんどずれません。厚さ10mmタイプで1平米あたり約4kg、16mmタイプなら7kgもあります。2m×3mのサイズであれば42kgにもなります。

管理者の手間をかけず、敷きっぱなしにできることも魅力の一つです。

 

こういった場面ででバイオクッションを選ばれることが多いのは理由があります

バイオクッションが選ばれる理由

ブランコの安全対策で重視されるのは主にこれらの条件です

  • 幅広い面積をカバーできる
  • 上に乗っても歩きづらくならない
  • ずれにくい
  • 地面のえぐれも減らせる

ブランコはダイナミックな遊びができる、子供に人気の遊具です。しかしその分、子ども自身が対応できる以上の勢いがついてしまうこともあります。

バイオクッションであれば安全対策とあわせて、水たまりを減らしたり土台をカバーしたりといった効果も期待できます。

 

ブランコの安全対策をしましょう

遊具は子供の成長に必要なモノです。撤去してしまえばその遊具による怪我はなくなりますが、危険を感知して対処する能力を養う場所が失われてしまいます。

 

ぜひ、バイオクッションで低コストな安全性をしましょう。

こちらで使われているのはこの製品です。他の遊具よりもずれやすいブランコには、もっとも重い16mmタイプがおすすめです。

>>バイオクッション16mm厚タイプ

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る