ローコスト&フレキシブル 敷くだけで事故予防 ”あんしん”をひろげるセフティバイオクッション

安全確保は最優先、設置後でもどけて掃除したい、メンテナンスに割く時間はない、そのうえ予算も限られている・・・・・

安全対策のベストセレクトとしてオススメします

落下・転落事故を予防するセフティバイオクッション

sbc_teature07.jpg

子どもたちが遊びに夢中になり、遊具から落下する事故は毎年発生しています。

中には重症を負うケースも・・・

セフティバイオクッションなら、敷いておくだけで
衝撃を緩和し、大事故になる恐れをずっと少なくできます。

設置遊具の鉄製土台の上から敷けるのでさらに安心!

落下や転倒による事故は毎年多数発生しています。ほんの少しの手間とコストで劇的に安全性を向上できるセフティバイオクッションをぜひ知っていただきたいと思います。

このような施設、目的で使われています

WS002876.jpg

ジャングルジム、総合遊具など子どもたちがあそぶ大型遊具の下 【落下事故の防止】

鉄製の四角い部材で土台が組まれているおり、落下や転倒時には硬い部分に体をぶつけることになります。夢中になって遊ぶうちに高い場所から落下したり飛び降りたりするケースも多いため何らかの対応策が必須です。
たいていは運動場の端に設置されています。そのため、側溝や花壇、マンホールなど「土の地面」ではない場所に近接して設置されていることも多く
その場合、地面よりも危険性は相当高くなります。


 

WS002868.jpg学校プール、フィットネスジム、スイミングクラブなどのプールサイド 【転倒事故の防止・排水性・滑り止め】

高いところから落ちるという危険性は少ない場所ですが、肌の露出が多いため転倒によるダメージも大きい場所です。

転倒しても怪我をしにくくなる、水はけがよい、下地がコンクリートでも設置できる、とセフティバイオクッションのメリットが十分に発揮できるためオススメする設置場所の一つです。


 

WS002873.jpg幼稚園・保育園・介護施設の廊下 【転倒事故の防止・排水性・美観・耐候性】

耐候性・排水性がある素材なので、屋外に面している箇所に設置されても問題ありません。
足ふきマットとして砂を落としたりクッションのうえで水洗いしても大丈夫。
クッションをめくればクッションの下に落ちた砂も簡単に掃除できます。


 

WS002869.jpg

施設のカーブに添って 【転倒事故の防止・施工性・耐候性・排水性】

写真は屋外プール施設でのものです。
カッターで簡単に切ることができる施工性を活かして、不定形な形状にもぴったりとあわせた設置が可能です。隙間ができないようにして、つまずきを防止できます。


 

なにも対策しなかったらどうなりますか?

>> 落下・転倒事故の現状、各地で取られている対策、対応製品

◆ 当社施工事例 ◆

WS002893.JPGWS002963.JPGWS002965.JPGWS002895.JPGWS002897.JPGWS002964.JPGWS002898.JPGWS002894.JPG